暇だったから街に出てナンパ

休日前の夕方に仕事も早く終わって特に予定もなく暇だったので街に出てナンパでもしようと思って繁華街へ行きました。
待ち合わせをしている女の子や仕事を終えたOLさんで人は多い方だったので自分の気に入った子にとりあえず話しかけてみて、
少しでも興味を持ってくれそうなら話を続けてそのままご飯でも行こうと思っていました。
いろんな人に声をかける中、ひとりの女性に目がいって待ち合わせをドタキャンされたらしくちょうど良いと思っていろいろ話しかけてみました。
話をしていると予定もなくなったしこのまま帰るのはなんだか嫌だと言うので食事に誘ってみたらあっさりOK。
一緒に晩ご飯を食べに行きお酒も飲んで楽しい食事になってきたところで終電がなくなるのを計算しながら会話を進めました。
そして終電がなくなったことを確認してから、これからどうするか聞いてみると困っていたのでホテルへ行こうと誘ってみるとこれも意外とOK。
そんな感じで楽しい週末になりました。

暇だったから街に出てナンパ

職場の先輩に連れられて休日に飲みに行った時のことです。
居酒屋から出た先輩がナンパをしてみろと言うのでそんなことしたことなかった私は先輩に連れられて女性だけで歩いているグループに声をかけることに。
先輩が慣れた感じで女性に声をかけてなんだか会話も弾んでいるので少しだけ楽しくなった私も一緒になっていろいろ会話を楽しんでいました。
その女性のグループと一緒に飲みに行くことになり私は内心ドキドキしながらついて行きました。
私の中でナンパは初めてのことで何を話したらいいのかもよくわからない感じで始まった飲み会も時間が進むにつれて緊張もほぐれ、
終盤には楽しい飲み会になっていまいた。
自分だけでは絶対にこんなことにならない出来ないと想い先輩の行動力には驚きました。
そんな楽しい飲み会も終わる頃、どうしても連絡先を交換したい人がいたので思い切って聞いてみると連絡先を教えてくれたので、
自分の連絡先も教えて交換をすることが出来ました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする